ドラフトってどうよ

いやはや、先日のドラフト会議、話題になっているのは菅野選手を指名した日ハム。

はたして日ハムは空気が読めないのか?


そんなことはないでしょう。

別にルールに沿っているわけだし、日ハムが悪者っぽくなってるけど、なんなんだろうね。
単独指名って。
[PR]

# by jorokumo | 2011-10-29 10:40 | 生活

マルチハビテーション

マルチハビテーションというのは、都心と地方の両方に住居を構え「平日は都心、休日は田舎」で過ごすライフスタイルをいうらしいです。


マルチ=多様なハビテーション=住居を組み合わせた造語だそうです。

でも、田舎にいくというのは癒されるためなのですが、だったらはじめから田舎に住めばいいではないでしょうか。

わざわざ2重生活みたいなもの、面倒くさいのではないだろうか。
[PR]

# by jorokumo | 2011-10-01 21:44

沢尻エリカ様

最近話題がなくなった感じです。

なんか久々に表舞台にでるそうですが、結局、離婚はしたのかしてないのか、まぁ
気になりはしないけど、はっきりして欲しい。


しかし、残念なのはエリカ様は、今やスキャンダル女優って感じ。
演技もうまくカリスマ性もある女優なのに、女優以外の分野でしか、今は話題が取れないのが残念です。
[PR]

# by jorokumo | 2011-09-16 18:51

メラニンは嫌われ者ではない

暑い夏。
気になるのが日焼け。
強い紫外線から肌を守りたい季節です。
美肌を保ちたい人にとって、メラニンは強敵。メラニンを日焼けで増やさないようにするためには、いちばんは、紫外線に当たらないことですが、そんなことはなかなかできません。だから、日焼け対策グッズがうれるわけです。

しかし、なんのためにメラニンは作られるのでしょうか?
実は、メラニンは、「肌の細胞を紫外線から守るため」のものなんです。
日焼けで皮膚に紫外線が当たると細胞を作る皮膚の奥深くにまでダメージを受けます。
皮膚細胞は、常に再生し新しいものを作り続けているので、ダメージを受けた細胞が、そのまま細胞を作り続けると異常な細胞となってしまいます。その結果、皮膚がんの細胞を作る危険のあるのです。ですから、紫外線を浴びると皮膚はメラニンを作って、紫外線を防御しようという働きをするのです。
だから、紫外線から開放されると、メラニンは皮膚の表面から剥がれ落ちていきます。

ちょっと意外な話ですけど、知っておいた方がいいよね。
[PR]

# by jorokumo | 2011-06-28 21:12

持っている運命

斎藤佑樹は、やはり只者ではないような気がします。


今は左脇腹の筋挫傷で2軍で調整中だが、プロ入り後、ぽんぽんと2勝し、そして、けが。
実力的にはストレートもそこそこ。
批評を見ても、老練なピッチングというもっぱらの評判です。


1年を通じての活躍は無理という判断ですが、そうなるまえに脇腹痛で登録抹消ですからね。
この辺に只者ならぬものを感じます。


傷口が拡がる前に故障するところが、もっている感じがします。
あれあれっという間に2連勝して、調整ですからね。


斎藤佑樹は、ひょうひょうとした態度で乗り切っていますからね。かれはクレバーですから、今後が楽しみではあります。

どうでしょうか。


しかし、高校時代の方が、速球とかに力強さがあった気がします。
大学、プロとすっごく手投げでやっている気がしているのはわたしだけではないでしょう。
[PR]

# by jorokumo | 2011-05-15 16:41